SPI REPORT

TV Audit(TVスポット購入監査)に基づく ターゲットコミュニケーション効率改善のプロセス

マーケティングコミュニケーション活動には莫大な費用がかかり、当然のことながらマーケティング予算は限られております。その為、ターゲットコミュニケーション効率を改善することが、限られた予算を有効に使う一つの手段となります。今回は、その中でも媒体費用の大きいTVスポットキャンペーンに特化した“効率改善プロセス”をご紹介いたします。

ターゲットコミュニケーション効率を改善する為には、下記3点でパフォーマンス改善が必要です。

  1. 世帯達成率の向上
  2. 高いターゲット含有率の確保
  3. 適切なGRP単価で購入

具体的なプロセスとして、各項目で結果確認・原因分析を行い対応策の検討をする必要があります。

1. 世帯達成率
(ア) 結果確認(オンエアチェック・時間帯別オンエアCM本数確認・実績世帯達成率検証など)
(イ) 原因分析(使用号数、スポット挿入位置、季節性などの達成率低下の要因を特定)
2005051ja1.png
2. ターゲット含有率
(ア) 結果確認(実績含有率の検証・競合比較など)
(イ) 原因分析(局配分や使用タイムゾーンの検証など)
3. GRP単価
(ア) 結果確認(エスピーアイが提供するマーケット平均コスト(SPIINDEX)との比較)
(イ) 適正コストの検討

2005051ja2.png
ターゲットコミュニケーション効率改善の為には、上記3つの項目を向上させることが有効です。エスピーアイでは、創設以来10年間にわたり日系・外資系40社以上にTVスポット購入監査を行い、それに基づく具体的な改善提案を行ってまいりました。その結果、ターゲットや年間出稿量などにもよりますが、平均すると1ブランドにつき10パーセントのターゲットコミュニケーション効率改善を実現しております。今後、更に研究開発を進め、効果的・客観的且つ実行可能な戦略提案をお届けしたいと考えております。

文責:エスピーアイ

より詳細な情報をお求めの方は、spiindex@spi-consultants.netまでご連絡下さい。

<本レポートの引用・転載・使用に関する注意事項>

  • 掲載レポートは当社の著作物であり、著作権法により保護されております。 本リリースの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。
    (例:株式会社エスピーアイの分析によると…)
  • 記載情報については、弊社による現時点での分析結果・意見であり、こちらを参考にしてのいかなる活動に関しても法的責任を負う事はできません。
一覧ページへ戻る